高知県は3日、新型コロナウイルスの軽症者らが入所している宿泊療養施設のホテルに、20代男性が無許可で侵入したと発表した。療養中の友人に会いに来たという。男性は濃厚接触者とされ、自宅で待機している。
 県薬務衛生課によると、男性は1日午後11時45分ごろ、ホテルに到着。警備員が声を掛けたが「関係者です」と言い残して患者用出入り口から入った。警備員がホテルのスタッフに連絡。朝になるのを待って部屋に電話し、男性を確認した。濃厚接触者となるため、別の場所に立ち寄らず自宅に戻り待機するよう指示した。
 男性は療養中の10代の友人男性の部屋で一晩過ごしていたといい、2日午前10時40分ごろに退出した。県は今後、出入りする人の本人確認を強化するなどして対応する。 (C)時事通信社