兵庫県尼崎市立小学校の教諭が新型コロナウイルス感染を学校に報告せず授業していた問題で、市教育委員会は3日、担任していたクラスの児童2人がコロナに感染していたと発表した。
 市教委によると、クラスの児童33人と同僚教諭ら5人について2日にPCR検査を実施。2人以外は陰性だった。
 教諭は8月25日に発熱で医療機関を受診し陽性が確定。しかし、学校に報告せず、始業式のあった同30日に出勤して、昼まで授業を行った。 (C)時事通信社