加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会がワクチン接種が進んだ段階での行動制限緩和に関する提言をまとめたことについて、「政府としては専門家の意見を踏まえつつ検討を急ぎたい」と述べた。その上で「国民にお願いしている自粛の緩和に向けた基本的な考え方を示していく考えだ」と語った。政府は週内にも制限緩和の行程表(ロードマップ)を取りまとめる方針。 (C)時事通信社