新型コロナウイルスワクチンの総合調整を担う河野太郎規制改革担当相は6日、自民党総裁選に出馬した場合に公務と両立できるかについて「影響を出さないようしっかりやっていきたい」と述べた。東京都内で記者団に語った。
 これに関し、加藤勝信官房長官は記者会見で、「政治家それぞれ判断することだが、任されている仕事は責任を持ってしっかりと行っていくことは大前提の話だ」と指摘した。 (C)時事通信社