米ノババックス社製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は7日までに、早ければ2022年初頭から約1年間で1億5000万回分の供給を受けることで、国内の生産、流通を担う武田薬品工業と契約した。田村憲久厚労相が同日の閣議後の記者会見で明らかにした。
 同ワクチンは開発途上で、薬事承認を受けることが前提となる。武田薬品とノババックスは、既にワクチン接種を終えた人に追加投与する「ブースター接種」への使用を視野に開発を進めている。 (C)時事通信社