【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHCホールディングス(東京都港区)は、William・Donnelly氏とIvan・Tornos氏が独立社外取締役に就任したと発表した。Donnelly氏は、研究機器業界で約25年の経歴を持つ。プライス・ウオーターハウスの監査役やメトラー・トレドの財務部門幹部職、その他企業の要職を歴任し、現在はインガソール・ランドの独立取締役などを務める。Tornos氏も、医療機器業界で約25年の経験を積んできた。ベクトン・ディッキンソン・インターナショナルのメディカル部門やコヴィディエン・インターナショナルの販売・事業開発部門の幹部職、その他企業の要職を歴任。現在はジンマー・バイオメットの最高執行責任者(COO)を務める。今回の就任は、事業運営と財務の領域で幅広い経験を持つ人材を取締役会に迎え入れる取り組みの一環。(C)時事通信社