河野太郎規制改革担当相は7日の記者会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、配送した接種会場から1回に限り同じ都道府県内の別会場に移すことを認める方針を示した。温度管理の徹底など品質維持を条件とする。
 ワクチンの予約状況は会場によってばらつきがあり、自治体から別会場への移送を可能にするよう求める声があったという。河野氏は「余ったワクチンを(別会場に)移送して、余剰が出ないようにする」と説明した。 (C)時事通信社