麻生太郎副総理兼財務相は7日の閣議後記者会見で、菅義偉首相の自民党総裁選不出馬をめぐり、「新型コロナウイルス問題が曲がりなりにも収束し、国際社会の評価は極めて高い。(職務を)全うしたという思いがあるのは確かだ」と述べた。
 これに関し、加藤勝信官房長官は会見で、東京都の新規感染者数が6日に1000人を下回ったことなどに触れ、「足元の状況を見ると減少傾向にある」との認識を示した。
 一方、立憲民主党の福山哲郎幹事長は会見で、「(医療提供体制は)非常に逼迫(ひっぱく)している。認識を改めていただかなければいけない」と批判した。 (C)時事通信社