ごく薄く、自然に皮膚に張り付くシートに金箔(きんぱく)を電極としてコーティングし、心電図を1週間測定できたと、東京大大学院工学系研究科の横田知之准教授や染谷隆夫教授らの研究チームが7日発表した。伸縮性や耐久性、通気性があり、蒸れたりかぶれたりしにくいのが特長。論文は米科学アカデミー紀要に掲載される。
 横田准教授によると、今後、シートに無線回路や電源を載せるほか、温度や圧力など測定項目を増やし、体に装着して病気や体調不良を早期発見できる装置への応用を目指すという。
 シートはシリコーンゴムの一種である「ジメチルポリシロキサン」を丈夫なポリウレタンの微細な繊維と合わせて作った。厚さは0.1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下。ゼリーや接着剤を使わなくても、分子間に働く「ファンデルワールス力」で皮膚に張り付き、自在に脱着できる。この力はヤモリの足の裏で働き、壁や天井を歩けることで知られる。
 染谷教授らは、電極付きシートの素材や製法を工夫し、通気性や耐久性の改善に取り組み続けている。今回はまず、台紙代わりのフィルムの上にポリウレタン繊維を数層形成した上で、有機溶媒のヘキサンで薄めたジメチルポリシロキサンに浸して重ね合わせた。その後フィルムを剥がし、片側に金箔をコーティングした。 (C)時事通信社