【メキシコ市AFP時事】メキシコ中部イダルゴ州にある病院が洪水で浸水し、地元当局は7日、入院していた患者ら少なくとも16人が死亡したと発表した。地元メディアによると、犠牲者の一部は新型コロナウイルスに感染し、酸素投与を受けていたという。
 病院運営者によると、豪雨に伴い河川が氾濫し、病院が浸水。この影響で病院が停電したため、酸素投与が中断したという。病院には56人の患者が入院しており、生存した40人は別の病院に搬送された。 (C)時事通信社