大阪府は8日、新型コロナウイルスに感染した10代後半の男性が死亡したと発表した。男性には基礎疾患など複数の重症化リスクがあり、ワクチンも未接種だったという。
 厚生労働省の7日時点の集計では10代以下の感染者の死亡は報告されておらず、全国初とみられる。
 府によると、男性は9月1日夜に大阪市内の病院へ救急搬送された。新型コロナ以外の病状で搬送されたものの、病院到着後の検査でコロナ感染が確認された。その後、同じ病院内のコロナ患者専用の重症病床で治療を受けていたが、7日に死亡した。
 国内では12歳以上が新型コロナワクチンを接種できるが、男性は受けていなかった。府は男性の重症化リスクについて、個人情報保護を理由に明らかにしていない。 (C)時事通信社