日本航空は9日、劣後ローンなどで3000億円規模の資金調達を実施すると発表した。詳細を10日に公表する。新型コロナウイルス禍の長期化で旅客需要の回復が遅れる中、手元資金を厚くして財務基盤の強化を図る。
 三菱UFJ銀行やみずほ銀行など、取引銀行から資本に近い性質を持つ劣後ローンを2000億円程度借り入れる。元利金の支払い順位が普通社債よりも低い劣後債も発行する予定だ。日航は昨年、旅客需要の低迷で傷んだ財務の立て直しやコロナ収束後を見据えた成長投資のため、公募増資で約1800億円を調達していた。 (C)時事通信社