【ジュネーブAFP時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、新型コロナウイルスワクチンを接種できていない開発途上国の人々を優先するため、接種完了者に対する追加接種を年内は自粛するよう各国に呼び掛けた。
 テドロス氏はジュネーブのWHO本部で記者団に、「世界的ワクチン供給を支配する企業や国が、貧しい人々は残り物で満足するべきだと考えるなら、黙っていない」と改めて強調した。
 WHOは先月、豊かな国と貧しい国の間の劇的なワクチン格差問題に取り組むため、9月末まで追加接種を自制するよう要請。テドロス氏は「その後も状況はほとんど変わっていない」との認識を示し、年末までの自制を求めた。 (C)時事通信社