新型コロナウイルス対策を議論する基本的対処方針分科会の尾身茂会長は9日、既に2回のワクチン接種を終えた人に追加投与する「ブースター接種」を検討する必要があるとの考えを示した。東京都内で記者団に対し、「いずれは考えてもらいたい」と政府に提案したことを明らかにした。
 欧米では感染予防効果などの持続を図るため、3回目の接種を行う動きが活発化。一方、世界保健機関(WHO)は先進国と途上国の「ワクチン格差」拡大を懸念し、慎重な対応を求めている。 (C)時事通信社