【シドニー時事】オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州は9日、新型コロナウイルスのワクチン接種率が州内で70%に達すれば、接種済みの人を対象に外出規制を解除する方針を発表した。地元メディアによると、10月末までに70%を達成するとみられ、シドニーで6月下旬に導入されたロックダウン(都市封鎖)が感染者数にかかわらず終了される道筋が示された。
 現在の州内の接種率は約43%。9日の市中感染者は1405人で、高止まりしている。一方で州当局は「コロナとの共存」を念頭に、接種によって重症化のリスクが抑えられると判断した。 (C)時事通信社