新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の期限延長を受けて、野党は9日、「なぜ臨時国会を開いて補正予算を組もうとしないのか」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)などと、政府に追加対策を求めた。
 福山氏は国会内で記者団に「自民党総裁選にかまけて政治空白を作り、漫然と緊急事態宣言を延長するのが政府の仕事か」と批判。菅義偉首相が衆参両院の議院運営委員会での質疑に応じなかったことについても「甚だ遺憾で残念だ」と語った。
 共産党の田村智子政策委員長は取材に「人災が続いている。(過去の)反省に立った対策に切り替えなければ、緊急事態宣言だけでどうにかなる話ではない」と訴えた。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「ワクチン接種による抑止効果なのか、人流抑制による抑止効果なのか。科学的で精緻な分析を期待したい」と要望した。 (C)時事通信社