田村憲久厚生労働相は10日の閣議後記者会見で、30日までの延長が決まった新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、新規感染者数などの減少傾向が続けば、「9月の終わりごろには、多くの地域で解除ができる水準まで下がってくることも見えてきている」との見通しを示した。「気を緩めれば感染がリバウンドする」とも述べ、宣言下の行動制約について国民に改めて協力を求めた。 (C)時事通信社