米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が見つかった問題で、厚生労働省の専門部会は10日、混入製品と同時期に同じ工場で作られ、回収対象となった製品を接種した3人の死亡について、現時点では情報不足などにより因果関係は評価できないと判断した。
 専門部会は、今後も慎重に調査を続ける方針を確認。異物混入の恐れがあるワクチンは回収されているとして、接種の継続は問題ないとした。
 同日の会合で、3人の死因は38歳の男性が致死性不整脈で、残る2人は解剖途中で分かっていないことが明かされた。 (C)時事通信社