新型コロナウイルスワクチン接種を担当する河野太郎規制改革担当相が自民党総裁選への出馬を表明したことについて、野党から10日、批判が相次いだ。ワクチン供給の遅れなどに河野氏も責任を負っているためだ。野党は、永田町で「異端児」と呼ばれてきた河野氏がブームを起こす可能性もあると警戒しており、今後の言動を注視している。
 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、国会内で記者団に、河野氏はワクチンの2回目接種が終わる時期などについて明確な説明をしていないと指摘。「まずは総裁選前にワクチン担当相として、答えを出していただきたい」と、担当閣僚としての職責を果たすよう求めた。
 共産党の田村智子政策委員長も記者会見で、菅義偉首相が総裁選不出馬の理由を「コロナ対策への専念」としたことを引き合いに「首相がそう言っている以上、矛盾が生じないはずがない。優先するべきはコロナ対策だ」と批判した。
 こうした反応の背景には、総裁選に国民の注目が集まることで、衆院選を目前に野党が埋没するのではないかとの危機感がある。特に河野氏に対しては「世論調査で人気があるのは間違いない。一番勢いがあるのは今は河野氏だ」(立民関係者)と語る。
 一方、国民民主党幹部は「ハンコ廃止と官僚いじめくらいしかやっていない。実績は何もない」と酷評。立民幹部も「総裁選でいずれ本質が国民に明らかになるだろう」との見方を示した。 (C)時事通信社