【フランクフルト時事】新型コロナウイルスワクチンを米製薬大手ファイザーと共同開発したドイツのバイオ医薬品企業ビオンテックは、5~11歳の子どもへの接種について、欧州を含む世界各国の規制当局に今後数週間で承認申請を行う方針だ。ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)ら幹部が、独誌シュピーゲル(電子版)が10日掲載したインタビューで明らかにした。
 学校再開や変異株の流行に合わせて世界的に子どもの感染者が増えており、各国でワクチン接種の年齢制限の引き下げを検討する動きが広がりつつある。
 ファイザーとビオンテックのワクチンは現在、12歳以上に対する接種が承認されている。今後数週間で臨床試験(治験)のデータを当局に提出する予定で、シャヒン氏は「全てが計画通りに進んでいる」と説明。生後6カ月以上の乳幼児に対する治験結果も年内に得られるとの見通しを示した。
 同氏はワクチン未接種者間の感染拡大に懸念を表明し、冬を迎える前に接種ペースを一段と加速させる必要があると強調。ワクチン生産能力を大幅に向上させていることも明らかにした。 (C)時事通信社