【グローブニューズワイヤ】パンデミックの可能性がある感染症用の抗体ベースのソリューションを手掛けるバイオ医薬品企業、アダジオ・セラピューティクス(Adagio・Therapeutics)は10日、新型コロナウイルス感染症予防薬ADG20のEVADE第2/3相試験を担当したデータモニタリング第三者委員会(IDMC)が、第3相試験について、青少年、妊娠/授乳中の女性を含めて登録数を拡大するよう提言したと発表した。ADG20は、SARS-COV-2および関連コロナウイルスのスパイクタンパク質を標的とするモノクローナル抗体で、SARS-COV-2が原因の新型コロナウイルス感染症予防と治療用に開発された。(C)時事通信社