新型コロナウイルスに感染した名古屋市の河村たかし市長(72)が13日、17日ぶりに市役所に登庁した。河村氏は自宅で療養していたが、隔離期間が過ぎたため復帰。13日の定例記者会見で「ご心配、ご迷惑をお掛けしました」と述べた。
 河村氏は1日に感染が判明。療養中は発熱などの症状がなかったため、リモートで公務を行っていたという。特別秘書の感染を受け、市役所には先月27日を最後に登庁していなかった。 (C)時事通信社