百貨店大手が今月半ば以降、新年用「おせち」の購入予約の受け付けを順次始める。各社は新型コロナウイルス禍に伴う「巣ごもり」で好調な売れ行きだった今年に続き、来年のおせちも「自宅用に豪華な商品を購入するお客さまが多いのではないか」(松屋)と期待。高級ブランドや有名料理店のおせちを取りそろえる。
 松屋は、高級ブランド「ブルガリ」のイタリアンおせち(約4人前)を販売する。価格は40万円で、10セット限定。50年物の瓶入りバルサミコや黒トリュフ、タラバガニなど高級食材を詰め込んだ。このほかにも、名だたる店の味を数量限定で提供。老舗料亭「つきじ治作」のおせち(約4~5人前)は12万9600円、高級ホテルに出店する日本料理の「ひのきざか」のお重(4~5人前)は9万7200円。
 そごう・西武は、有名店のおせちの品ぞろえを前年の1.2倍に拡充する。京懐石の老舗「美濃吉」のおせち(1人前、1万800円)は、コロナ対策で取り分け不要。かっぽう料理店とフレンチシェフが監修し、カップに小分けした「和洋折衷カップおせち」(4~5人前、2万9160円)など簡単に取り分けられる商品も用意した。
 家族との時間を楽しむおせちもある。高島屋は、来年のえと「寅(とら)」に引っ掛け、自分であんクリームを挟んで食べるどら焼きが入ったおせち(3~4人前)を2万7000円で提供する。47都道府県にちなんだ料理を味わえるおせち(3~4人前)は2万9160円。各都道府県庁の所在地や名産品を学べるかるたが付いている。広報担当者は「自宅で家族と楽しくおせちを囲んでほしい」と話している。 (C)時事通信社