14日の東京株式市場は、新型コロナウイルスワクチンの接種進展による経済正常化や、自民党総裁選の候補者が打ち出す経済対策への期待が続き、買いが優勢だった。日経平均株価の終値は前日比222円73銭高の3万0670円10銭と3営業日続伸。2月に記録した年初来高値(3万0467円75銭)を更新し、1990年8月以来31年ぶりの水準となり、バブル崩壊後の最高値を付けた。
 日経平均は8月下旬からの上昇幅が3000円超に達した。東証株価指数(TOPIX)は21.16ポイント高の2118.87。同じく90年8月以来、31年ぶりに2100を超えた。 (C)時事通信社