河野太郎規制改革担当相は14日、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を終えた人に追加投与する「ブースター接種」について、「視野に入ってきている」との認識を示した。全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)とのテレビ会議で語った。
 会議で平井氏は、ブースター接種に関する方針を速やかに示すよう要請。会議終了後に取材に応じた平井氏によると、河野氏は「できるだけ早くスケジュールなどを示したい。スピード感を持って検討する」と述べた。
 また平井氏が国内での接種証明について早期の対応を求めたのに対し、河野氏は「デジタル化は年末までにはやっていきたい」と説明したという。 (C)時事通信社