【ビジネスワイヤ】エジプト国際協力省は、エジプト国際協力フォーラム(エジプト―ICF)で持続可能な開発に向けたコミュニケを公表し、その取り組みのための一連の推奨事項を世界の政策立案者に向けて提示した。国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」のための資金を確保し、世界が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)からグリーンな復興の軌道に乗るためには年間3兆7000億ドルの追加資金が必要とされる。今回のコミュニケは、そのために必要な多国間主義、国際協力、官民セクターの連携の重要性を説明している。(C)時事通信社