政府は、新型コロナウイルス感染者の重症化を防ぐため、抗体カクテル療法の患者宅での実施に向け検討を進める方針を決めた。菅義偉首相が15日、東京都内で、自宅療養者向けに抗体カクテル療法を可能とするよう厚生労働省に検討を指示したと明らかにした。首相は「(結論が出るまで)そんなに時間はかからない」と記者団に語った。
 抗体カクテル療法は現在、入院患者を中心に実施。自宅療養者には外来診療で行うのは可能だが、往診ではできない。田村憲久厚労相は同日行われた衆院厚労委員会の閉会中審査で、「(患者の)自宅で使いたいという医師の要望もたくさんあるので、早急に検討して方向性を示したい」と語った。
 田村氏はまた「これから冬に向かって換気しづらい環境になり、忘年会などの機会も増える。第6波を見据え、しっかり体制整備をしないといけない」と述べ、医療体制全般を強化する考えを表明した。 (C)時事通信社