【シドニー時事】オーストラリア政府機関、豪サイバー・セキュリティー・センター(ACSC)は15日、2020~21年度(20年7月~21年6月)の年次報告書を公表し、サイバー犯罪の通報件数が約6万7500件と、前年度より約13%増えたと明らかにした。被害総額は自己申告ベースで330億豪ドル(約2兆6500億円)を超えたという。
 新型コロナウイルス禍を受けてインターネットへの依存が高まっている。担当する国防省幹部は、悪意を持つ主体がスパイ行為を行い、お金や重要なデータを盗むため、脆弱(ぜいじゃく)な国民が攻撃の標的になっていると警戒を呼び掛けた。 (C)時事通信社