自民党総裁選に出馬する河野太郎規制改革担当相は15日のテレビ朝日の番組で、金融政策について「新型コロナウイルス禍だから緩和的なものを続けざるを得ない」と述べ、日銀の大規模な金融緩和を継続する必要があるとの考えを示した。その上で、「新しい技術やサービスがどんどん出てくるような規制改革を柱としてしっかりやっていくのが大事だ」とも述べ、成長戦略に取り組む意欲を示した。 (C)時事通信社