15日の東京株式市場は、前日に日経平均株価が31年ぶりの高値を付けたことから利益確定売りが優勢となった。日経平均の終値は前日比158円39銭安の3万511円71銭と、4営業日ぶりに反落した。 (C)時事通信社