菅義偉首相は16日、就任1年を迎えたことについて「国民の命と暮らしを守ることを最優先に、新型コロナ(ウイルス)対策に明け暮れた1年だった」と述べた。首相官邸で記者団に語った。グリーン社会実現やデジタル化加速の取り組みなども挙げ、「未来を担う若者たちの世代に対し、道筋を付けることができた」と強調した。 (C)時事通信社