菅義偉首相は16日、新型コロナウイルスの自宅療養者を一時的に受け入れるため、東京都が月内に開設する「酸素・医療提供ステーション」(東京・築地)を視察した。同施設では酸素投与に加え、重症化予防のための抗体カクテル療法を実施予定。視察後、首相は記者団に「病院以外の場所で患者にとってこんなに心強いものはない。画期的な施設であり、全国に増やしていきたい」と強調した。
 視察には小池百合子都知事が同行。記者団に「国と都がしっかりと連携することでコロナ対策を進め、この難局を乗り越えていきたい」と語った。 (C)時事通信社