田村憲久厚生労働相は16日、参院厚労委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルスの重症化を防ぐ抗体カクテル療法を患者宅で行う方針について、「早急にモデル的にいくつかのところで対応し、課題を抽出した上で全国展開したい」と述べた。
 抗体カクテル療法は点滴薬で、現在は入院患者を中心に実施。自宅療養者には外来診療で行えるが往診ではできない。菅義偉首相は患者宅でも実施できるよう厚労省に指示している。
 田村氏は抗体カクテル療法について「(治療実施から)1時間は副作用の恐れがあるし、24時間は健康悪化にすぐ対応できる体制を組まなければいけない」と指摘。医療従事者が健康管理できる仕組みづくりが必要とした。 (C)時事通信社