立憲民主党の枝野幸男代表は16日、菅義偉首相が就任1年を迎えたことについて「新型コロナウイルスから国民の命と暮らしを守ることが、圧倒的にリーダーがやらなければならない仕事だった。残念ながらこの役割を果たしてこなかった」と批判した。国会内で記者団の質問に答えた。
 共産党の志位和夫委員長も記者会見で、日本学術会議会員の任命拒否問題や、相次ぐ「政治とカネ」の問題などに触れ、「コロナ失政、強権政治、腐敗政治に国民の怒りが広がり、政権投げ出しに追い込まれた」と酷評した。 (C)時事通信社