東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は16日、新型コロナウイルス対策に関するテレビ会議を開き、連休中の外出や都県をまたぐ移動を控えるよう都民や県民に求める共同メッセージをまとめた。今週末から始まる連休を前にワクチンを接種済みの人を含め、旅行や墓参りなどの自粛を呼び掛けた。
 4知事は、新規感染者数は減少傾向にあるものの、入院患者や重症者の数が高止まりしていることなどから、予断を許さない状況にあるとの認識で一致。「日常生活の回復のために今が踏ん張りどころ」と、引き続き感染対策を徹底するよう訴えた。
 小池百合子都知事は会議で「何よりも優先すべきは対策に全力を尽くすことだ」と強調。埼玉県の大野元裕知事は「感染をこれ以上広げないためにも、ワクチン接種が終わった方も含め、不要不急の旅行などはぜひ控えてもらいたい」と述べた。 (C)時事通信社