航空会社スターフライヤーは16日、国内線でペットの犬や猫と機内で同伴できるサービスの導入を検討すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で厳しい経営が続いており、新たなサービスで旅客需要の掘り起こしを狙う。来年の開始を目指している。 (C)時事通信社