立憲民主党は17日、子どもの新型コロナウイルス対策強化を求める緊急提言を発表した。12歳以上の希望する受験生や子どもと接触する保育士、教職員へのワクチン優先接種などが柱。同日、政府に申し入れた。
 枝野幸男代表は国会内で記者団に「10代の感染者が急増している。子どもたちを通じた家庭内感染も指摘されており、子どもたちを守ることが全体の感染を抑え込む観点からも大変重要だ」と語った。
 提言では、中等症以上の子どもが入院治療を受けられる態勢整備のほか、休校時には学童保育を活用するなどして、子どもの居場所を確保するよう求めた。在宅でのリモート授業に対応するため、家庭内の通信環境確保に対する支援も盛り込んだ。 (C)時事通信社