厚生労働省は17日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人に追加投与する「3回目接種」を実施する方針を決めた。同日開かれた専門部会が必要と判断した。時期は接種完了から8カ月後を目安とするが、海外の動向を踏まえ、優先順位や使用するワクチンを今後議論する。早ければ年内にも始まる見通し。
 専門部会は、海外の研究でワクチンの有効性が時間の経過とともに低下すると報告されている点を考慮。先行して追加接種を始めた他国の例も参考に「必要がある」との見解で一致した。 (C)時事通信社