自民党総裁選が17日に告示され、河野太郎規制改革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が立候補した。菅義偉首相の後継となる日本のかじ取り役を実質的に決める場であると同時に、自民党の「選挙の顔」を選ぶ機会になる。衆院選が迫る中、新型コロナウイルス対策や党改革、原発・エネルギー政策などを争点に激しい論戦が展開されそうだ。投開票は29日。
 女性候補が出たのは2008年の小池百合子氏(現東京都知事)以来で2回目。複数の出馬は初めてだ。
 河野氏は党本部での演説会で「コロナ対応を河野太郎の実行力に任せてほしい」と力説。岸田氏は「寛容で丁寧な政治で衆院選と来夏の参院選に勝ち、国民の負託に応えていこう」と呼び掛けた。高市氏は「美しく、強く、成長する日本をつくる」と強調。野田氏は「日本初の女性首相になったら女性閣僚を全体の半分にする」と訴えた。
 続いて行われた共同記者会見では、憲法改正をめぐり岸田氏が自衛隊の9条明記など4項目の党改憲案に触れ「総裁任期中に実現を目指したい」と言明。高市氏も同様の考えを示した。これに対し、河野氏は「国会でまとまったものから進めるのが大事だ」と述べ、野田氏は「4項目にこだわらない」と語った。
 コロナ対策では、河野氏が簡易検査キット普及などを阻む規制の撤廃を優先課題に挙げた。岸田氏は経口治療薬の開発・普及に取り組むと説明。高市氏は強い行動規制を可能にする法整備、野田氏は臨時医療施設の整備を進める考えを示した。
 総裁選は国会議員票と党員・党友票それぞれ383票(17日現在)の計766票を争う。29日の投開票でどの候補も過半数に達しなければ、上位2人による決選投票が直ちに行われる。
 新総裁は来月4日召集予定の臨時国会の冒頭で次期首相に選出される。共同会見では4氏とも、自身が首相になれば所信表明演説などを行った上で衆院選に臨む考えを明らかにした。 (C)時事通信社