トヨタ自動車は17日、既に明らかにした来月の減産計画の詳細を発表した。国内14工場27ラインで最大11日間の稼働を停止する。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品調達の遅れを受けたため。SUBARU(スバル)も国内工場の稼働休止期間を延長した。
 トヨタの減産計画では、来月に国内外の生産台数を当初計画から約33万台引き下げる。このうち国内分は約15万台。今月に続いて大幅な減産を強いられる。
 対象となるのは、全14工場28ラインのうち27ライン。子会社トヨタ車体の吉原工場(愛知県豊田市)は、第1ラインを10月1~15日のうち計11日間休業する。新型のスポーツ用多目的車(SUV)「カローラ クロス」を造る高岡工場(同)の第1ラインは、計9日間操業を止める。
 一方、スバルは国内3工場の今月の休止期間を3日間延長すると発表した。対象は群馬製作所で完成車を製造する本工場(群馬県太田市)と矢島工場(同)、エンジンなどを手掛ける大泉工場(同県大泉町)で、7日から操業を見合わせている。これまでは20日に再開する予定だったが、22日まで稼働停止を続け、23日の再開を目指す。
 スズキも、二輪車を生産する浜松工場(浜松市)で20日の稼働を停止すると発表した。 (C)時事通信社