【グローブニューズワイヤ】パンデミック(世界的流行)の可能性のある感染症に対する抗体ベースのソリューションを手掛けるバイオ医薬品企業、アダジオ・セラピューティクス(Adagio・Therapeutics)は20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主要な抗体プログラムであるADG20の最新情報、および最近の事業ハイライトと2021年度第2四半期の財務状況に関する情報を発表した。アダジオの共同創立者で最高経営責任者(CEO)のTillman・Gerngross氏は、「当社のチームは、現在進行中のADG20の世界的な臨床試験であるSTAMP試験とEVIDE試験の実施について、世界中のCROパートナーと緊密に連携している。また、承認後に備えて、ADG20の世界的な商品化に向けて準備を進めている」と述べた。(C)時事通信社