【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、同社の経口薬「モボセルチニブ」について、米食品医薬品局(FDA)が、上皮成長因子受容体(EGFR)エクソン20挿入変異を伴う非小細胞肺がん治療薬として承認したと発表した。モボセルチニブは、同変異を選択的に標的とする経口チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)で、この種の治療薬として初となる。承認の基盤となった第1/2相試験では、過去にプラチナ製剤療法を受けた患者において、中央値約1.5年の奏功期間を示した。FDAは同時に、米サーモフィッシャーサイエンティフィックの「オンコマインDxターゲットテスト」についても、同変異を伴う非小細胞肺がん患者を確認するための次世代シーケンシング(NGS)コンパニオン診断薬として承認した。(C)時事通信社