菅義偉首相は22日午後、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が30日に期限を迎えるのを前に、西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と首相官邸で協議した。政府は宣言解除に向けて調整を進めており、最新の感染状況や医療提供体制などを確認した。
 首相は23~26日の日程で米国を訪問する。このため帰国後の27日に改めて関係閣僚と協議した上で、宣言解除を28日の政府対策本部で決定したい考え。 (C)時事通信社