菅義偉首相は23日午後、米ワシントンに向け、政府専用機で羽田空港を出発した。現地時間の24日に開かれる日米、オーストラリア、インドの4カ国(通称クアッド)首脳会議に出席。首相は首脳会議の定期開催を各国に働き掛け、台頭する中国をにらんだ4カ国の連携を強固にしたい考えだ。
 首相は今回の訪米の目的に関し「4カ国の間で(新型コロナウイルス)ワクチン、新しい技術、気候変動という重要な課題についてそれぞれ会合し、『自由で開かれたインド太平洋』の具体化の道を探っていく」と述べた。出発に先立ち、羽田空港で記者団の質問に答えた。 (C)時事通信社