河野太郎規制改革担当相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、職域で2回打った場合も「原則として自治体で(接種する)ということになる。詳細は決まり次第発表したい」と語った。
 河野氏は「(2回目接種から)8カ月たったところで打ってもらうことになると思う。ワクチンの種類、打つ場所、日時を指定するかどうか、詳細を検討しているところだ」と述べた。 (C)時事通信社