共産党の志位和夫委員長は24日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外食需要の減少などで生じている米価下落に対し、政府が過剰在庫を買い取って生活困窮者支援に活用したり、農家に所得補償を行ったりすることが必要だとの考えを示した。その上で「この方向は野党でかなり共有できる。(衆院選に向け)野党共通の政策とし、政権交代して農業再生の政権をつくりたい」と語った。東京都内で記者団の質問に答えた。 (C)時事通信社