立憲民主党の枝野幸男代表は26日、田村憲久厚生労働相が月末に期限を迎える新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言解除は可能とする見通しを示したことに関し、「第6波を起こさないことが大事だ」として、営業時間短縮に応じた飲食店などに十分な財政支援を行うよう政府に重ねて求めた。福岡市で記者団の質問に答えた。
 枝野氏は「水際対策強化と徹底した検査の拡大、この二つがないと何をやっても効果がない」とも語った。
 共産党の志位和夫委員長も川崎市で記者団に「医療体制(拡充)、大規模検査、補償を含めて次の波を起こさないことが大事だ」と強調した。 (C)時事通信社