【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは27日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬をめぐり、濃厚接触者に対する予防効果を調べる大規模な中・後期臨床試験(治験)を始めたと発表した。飲み薬が処方されるようになれば、医療機関の負担が軽減されると期待されている。
 治験は発症したコロナ感染者と同居する18歳以上の健康な人々が対象。最大2660人が参加し、開発中の抗ウイルス薬「PF―07321332」に加え、エイズウイルス(HIV)感染者の治療に用いられる「リトナビル」を投与し、有効性や安全性を確認する。ファイザーはコロナ感染者対象の治験も進めている。 (C)時事通信社