防衛省は28日、岸信夫防衛相が尿路感染症と診断され、同日予定されていた閣議などの公務を取りやめると発表した。岸氏は27日夜に発熱があったため、28日に東京都内の病院を受診。現在は平熱に戻っているという。体調が回復すれば復帰する予定。
 北朝鮮が発射した弾道ミサイルの可能性がある飛翔(ひしょう)体への対応について、同省は「必要な指示は防衛相から発出されている」としている。 (C)時事通信社