【ビジネスワイヤ】韓国のバイオ製薬企業セルトリオン・グループは、同社の「レグダンビマブ」(CT-P59)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のモノクローナル抗体薬として韓国で初めて承認されたと発表した。適応は、軽度の症状を有する50歳以上の患者、肥満や心血管疾患などの基礎疾患を有する50歳以上の患者、中等度の症状を有する成人患者の治療となる。同薬の前臨床動物試験では、デルタ変異株に対する強い中和活性と投与群における生存率100%が確認された。グローバル第3相臨床試験では、入院または死亡のリスクが70%低下した。同社は韓国以外の規制当局とも同薬の使用で協議を続けている。(C)時事通信社